PR

ランキングデュエル優勝【BF(ブラックフェザー)】新規シンクロモンスター達を取り入れる

記事内に広告が含まれています。

大会結果、今回は【BF】となります。

プレミアムパック2023で新規が来たり、サイバーストームアクセスでは優秀なシンクロモンスターが登場したのが追い風となっていますね。

シンクロは今結構熱い召喚方法となっていますねぇ。

スポンサーリンク

《ブラックフェザー・ドラゴン》関連を駆使しつつ新たなシンクロモンスターも使う

ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン

参加者12名のマッチ戦での優勝となっています、おめでとうございます!

《BF-黒槍のブラスト》や《BF-疾風のゲイル》が採用されていないのが時代を感じさせますね。

《BF-下弦のサルンガ》

下弦のサルンガ

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/鳥獣族/攻 500/守 500
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):フィールドに攻撃力2000以上のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドに「BF」Sモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

プレミアムパック2023で登場した新規モンスター。

簡単な特殊召喚条件と墓地除外によりフリーチェーンでのカード破壊が強烈。

破壊効果はデュエル1となっているのでピン刺しが安定ですが、チューナーとしても普通に有用なので早め早めに《黒い旋風》からアクセスし、墓地へ送り込みたいですね。

フリチェーンの除去構えでのターン渡しはただ強ですからねぇ。

《BF-幻耀のスズリ》

BF-幻耀のスズリ

効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1400/守1400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「BF-幻耀のスズリ」を除く、「ブラックフェザー・ドラゴン」のカード名が記されたカード1枚をデッキから手札に加える。
(2):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
自分フィールドに「幻耀トークン」(鳥獣族・チューナー・闇・星2・攻/守700)1体を特殊召喚する。
その後、自分は700ダメージを受ける。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

「ダークウィング・ブラスト」で登場したモンスター。

召喚時にサーチ効果を持つ非チューナーですがリリースする事によってチューナーであるトークンを呼び出す事ができ、チューナー・非チューナーどちらにでもなれる非常に頼れる存在。

《深淵の神獣ディス・パテル》

深淵の獣ディス・パテル

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されている自分または相手の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
さらに、対象のカードの持ち主が自分の場合、そのモンスターを破壊する。
相手の場合、その発動した効果を無効にする。

「サイバーストームアクセス」で登場したシンクロモンスター。

①の帰還効果は【BF】だと「シムーン」で能動的に除外するので活用場面が多いですね。

②のモンスター効果に対応する効果もデッキに戻し、除外しがちな《ブラックフェザー・ドラゴン》をEXデッキに戻しながらの除去、または相手のカードを戻せば無効化と使い分けれます。

相手の除外は「カオス・アンヘル」で行う事ができます、また「カオス・アンヘル」展開時の耐性としては基本闇属性のみになるので戦闘破壊耐性ですね。

完全耐性の《BF-フルアーマード・ウィング》に戦闘破壊耐性付与で本当に完全体となりますな。

またレベル10シンクロが充実しているので《アクセルシンクロ・スターダスト・ドラゴン》も活き活きしますねぇ。

コメント